近年は急速な高齢化が進んでいますが健康で長生き出来る方ばかりでは有りません。病気で入院や寝たきりの方も多いです

病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと

病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと
病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと

病気をせずに健康で長生きする為の医学の進歩

近年は高齢化が進んでおり、2人に1人は生涯に癌等の病気にかかると言われています。
長生きする方が増えていて日本人の平均寿命は過去最長となっていますが、テレビでは長寿大国として健康な高齢者を取り上げたりされていますが、決してそのような方ばかりでは有りません。健康で長生き出来るのが一番の理想ですが、長生きするという事は様々な病気を患う可能性も高くなりますし、入院したり寝たきりになる事も有ります。
最近問題視されてい事は、亡くなった方の届を出さずに年金を受け取り続ける方もいらっしゃいますし、病気の方を延命治療する事で年金を受け取り続ける等という事も有るそうです。

今、新たに開発されたIPS細胞により将来は様々な病気を治す事が出来るようになると聞きます。
癌が治せるようになるのもあと数年の話しだと聞きます。
猿では脳細胞を増やす事が出来る研究も進んでいると聞きます。
病気が全て治せるようになれば人間は相当長生きになりますし、ますます高齢化が進んでしまいます。
病気で苦しむのは嫌ですが、何でも治せるようになるとういう事も恐ろしい事なのではないかと思います。
高齢者が退職後に何十年も年金で生活を送られたらそれを支える力は若者には有りません。日本の人口が20万人減少したという話も聞きます。
人口が少なく高齢者が多い社会では日本の生産力や経済規模も小さくなってしまします。
この若者の減少というのも若者にお金がまわらず子供を産み育てる余裕が無いよいう事も大きな要因です。

どの年代にも理想的な社会というのは難しですが、何かしら政策を考えて欲しいと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと.All rights reserved.