歯は健康の第一歩だと思います。歯が健康でないとご飯も食べられません。歯根嚢包という病気お話です。

病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと

病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと
病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと

歯は健康の第一歩。歯根嚢包という病気。

今から四年前です。

私はその以前から気になっていた事がありました。
それは歯ぐきです。

これぐらいいいだろう、と思っていました。
それは、何故かというと、私は神経質で、ちょっとした事で医者に診てもらい、結局心配はいらない事が多かったからです。

歯ぐきが腫れて歯がユラユラしてきたので、ドラッグストアーで歯槽膿漏の薬を買って使いました。
でもいっこうに治りません。

でも、歯医者に行ってみました。
歯医者に行ってみたら、手術が必要でした。
私の歯の根元には大きな膿の袋が出来ていました。
これは歯医者では治療ができなくて、大きな病院の口腔外科で手術をしないといけないと言う事でした。
手術の日取りが決まりました。
鼻の骨まで手術をしました。
この手術は一週間後の抜歯でなんとか完治しました。
ですが、その後に親知らずの治療をして、それの方が大変でした。
一年がかりだったからです。

主治医が後退して違う人になりました。
その先生が抜歯を早くした為に黴菌が入ってしまいました。
その上に、きちんと治療をしなかったために、感染症が広がり、結局同じ病院の違う先生に診てもらいました。
切開などを施してもらい、一時はよくなっていましたが、またその失敗した先生に担当が戻ってしまい、悪くなってしまいました。
結局その後は歯医者に行って、治療をしてもらいました。
でも、病院で治療をしくじっていたために、歯の骨が溶けていたそうです。

その一年間の治療の間で、私は仕事を出来なくなり、ずっと家で寝ていました。
ご飯も満足に食べられませんでした。
寝たり起きたりの重病人で、歯の病気は本当に怖いと思いました。
まあ、どんな病気も怖いのですが、歯はご飯が食べられなくなるので、怖いと思いました。
ですが、歯根嚢包という病気がこんなに怖いなんて知りませんでした。
鼻の骨を削らないといけなかったのですから。但し、この怖い病気の方は、すぐに完治しました。
でも、担当医が変わったために、親知らずでご飯も食べられない程ひどくなってしまいました。
歯は本当に大切です。

健康の第一歩です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017病気を寄せ付けない!健康でいるために心がけたいこと.All rights reserved.